PTAの活動

TRメール登録はこちら

研究発表協議会について

教科用図書採択について

公開授業について

非常事態発生時の対応

いじめ防止基本方針

国立大学法人愛知教育大学

本校の研究

 

新学習指導要領実施に向けたよりよい授業を目指して

 

 2017年3月に新学習指導要領が告示され、2020(H30)年度からの完全実施に向けた新しい教育の方向性が具体的に示されました。主体的・対話的で深い学びの実現、新しい時代に必要となる資質・能力の育成等が指導要領改訂のポイントとして挙げられています。改定の背景のひとつとして、情報化・グローバル化といった社会的変化が、予測を超えて進展するようになってきていることがあります。これらが進む社会においては、多様な価値観や文化的背景をもつ他者との協働を通して、様々な既存の知識を活用し、新たな価値を創造していくことで、地域や地球規模の問題の解決に向けて主体的に行動できるグローバル人材の育成が求められると考えられます。

一方で、今「働き方改革」が全国的に重要な課題になっています。そのような中で、本校では、これまでの研究の在り方を見直していくと同時に、上に示した新学習指導要領の内容の実現に向けたよりよい授業を目指し、各教科が指導方法を工夫し実践を積み重ねています。